ここまで進歩していた!?エステサロンの最新機器情報

エステサロンのエステ機器や技術の進化はとどまることを知りません。
それは形成医学における治療法が日々進化していて、そこで生まれた新技術が、間髪置かずにエステの技術に転用されているからです。
これは、より効果の高い施術方法が次々に、エステ技術に取り入れられているということを意味しています。

最新エステ機器と技術の紹介

今現在の最新技術とはどのようなものなのでしょうか?
1つずつ紹介していきます。

キャビテーション

超音波を脂肪細胞に照射すると、細胞周辺の体液が振動することにより圧力差が生じ、結果として圧力が極めて低い所では気泡が発生します。

圧力差が解消されると、この気泡がはじけますが、その際の衝撃波はかなりのもので、これが脂肪細胞の細胞膜を破壊します。

この作用によって、脂肪細胞の数そのものを減らして気になる部位をシェイプする施術が「キャビテーション」とよばれるものです。

キャビテーションは効果の高い施術方法で、リバウンドも起こりにくいのですが、脂肪細胞の破壊によって溶け出した脂肪が代謝によって、老廃物となって体外に排出されるまでの時間には個人差があります。
よって、施術をしたその日にはサイズダウンを実感できない場合もあります。

このため、脂肪の排出を促すために代謝を高めるマッサージがセットになっていることが多いようです。

人気のキャビテーションのマシン技術を格安で体験できるプランが多くあります。1回の体験プランでも十分サイズダウンを実感する事が出来る場合が多いので、エステ初心者の方におすすめです。痩せるランキング.com委員会もしっかり体験でのサイズダウン効果を実感できました。エステごとにキャビテーションの機能や使い方も変わってくるので実際にエステ体験をはしごして体感する事をおすすめします。

ハイパーナイフ

ハイパーナイフとは電極から高周波を流し振動させて、電子レンジのように脂肪や脂肪に含まれる水分を振動させることによって、冷たく固まっている脂肪を温めて燃焼させることができるという人気の最新痩身エステマシンです。

ハイパーナイフは1MHzという高周波で皮膚の深部まで温める効果があり、落ちづらい脂肪までしっかり燃焼させることができるため、短い施術時間で高い痩身効果が期待できます。

ハイパーナイフは身体を温めると同時に、脂肪やセルライトをもみほぐし老廃物や柔らかくなった脂肪を排出させる効果や身体を温めることで血流がよくなりリンパの流れが促進されることで肩こりや冷え性、むくみの改善効果が期待できます。さらに、火傷や痛みの心配はほとんどありませんので安心して施術いただけます。

HIFU(ハイフォーカス)

超音波を皮下脂肪の深部へピンポイントで照射するとその部分の脂肪細胞は約60度に熱せられ細胞膜が溶けてしまいます。
溶け出した脂肪は、キャビテーション同様、代謝によって体外へ排出されていきます。

キャビテーションよりも脂肪組織の深部に作用して大量に脂肪細胞が破壊されるため、排出されるまでの期間は数日~数週間と長めだということは重要な点です。

ただし、血流や代謝が非常によい方は施術後すぐに大きな効果が得られることもあるそうで、これがHIFUの最大の魅力であるようです。

人気のHIFUのマシン技術を体験できるプランは徐々に増えてきていますが、フェイシャルエステにHIFUを使う体験が多いので、格安に受けられる体験コースは是非受けてみましょう!照射するショット数が多ければ多いほど効果が上がります。1回の体験プランでも十分サイズダウンを実感する事が出来るので、短期集中で部分やせしたい方にはおすすめです。痩せるランキング.com委員会でも1600ショットを体験してしっかりとサイズダウンが実感できました。

脂肪冷却ダイエット

あまり知られていないことですが、ヒトの脂肪は4度で凍り始めます。
脂肪組織の以外に、このような高い温度で凍る組織は存在しないことがわかっています。

したがって、脂肪細胞を4度に冷却すると、60分程度で脂肪細胞は凍りますが、周辺の組織は全く傷つきません。

その後、冷却によって機能を失った脂肪細胞は老廃物として1ヵ月程度かけて徐々に体外に排出されていきます。

これが脂肪冷却ダイエットです。

光痩身

特定の波長・出力の特殊なダイオード光を脂肪細胞に照射すると、細胞に隙間ができて内部の脂肪がそこから溶け出し、液状化現象が起こるという研究結果が2002年アメリカ形成学会において発表されました。

この現象を利用した施術が光痩身です。
液状化した脂肪はキャビテーションやHIFU等と同様に数日から数週間かけて体外へ排出されていきます。

この施術は衝撃波や熱で脂肪細胞を破壊するというものではないので、火傷や内出血の危険性は皆無といってよく、その点でキャビテーションやHIFUそして脂肪冷却などよりも安全性が高いと評判の方法です。

ニーズ別おすすめエステ

最新の痩身マシーンとはいえ、当然ながら長所と短所があります。
短所を最低限にカバーし、長所を最大限に生かすためにニーズ別のおすすめエステを提案してみました。

(1)内出血などの外傷は軽微でも嫌という方

キャビテーションは超音波による衝撃波で脂肪細胞を破壊する際に、周りの毛細血管を傷つけて、かすかな内出血が生ずることがまれにありますし、HIFUは超音波を脂肪細胞にピンポイント照射する際に軽い火傷を負ってしまう可能性が0ではありません。
ただ、エステ用の痩身マシーンは医療用の痩身マシーンよりも出力を絞ってあるので、これらのリスクは美容クリニックでの施術と比べて非常に低いのです。

しかしながら、肌への外傷は、それが軽微なものであっても、絶対避けたいという方は、その可能性がほぼないという理由で、光痩身をおすすめします。

特に、顔痩せをメインに考えている方は上記の理由により光痩身をおすすめしたいと思います。

(2)キャビテーションとハイパーナイフで迷われている方

人気痩身エステマシンでよく比較されるものがキャビテーションとハイパーナイフです。ハイパーナイフは高周波によって身体を温めて代謝を改善し、脂肪を燃焼させることで痩身効果を得ます。一方、キャビテーションは脂肪に超音波をあてることで脂肪の細胞に働きかけ脂肪の細胞を壊して、脂肪を減らしていくという方法です。

どちらも気になる部分の脂肪を短時間で減らすことができる方法ですが、キャビテーションでは超音波を発生させるため、キーンという耳鳴りのような音が発生します。また、強制的に脂肪を壊すため脂肪を分解する肝臓への負担が増えるので、肝機能が悪い方にはあまり向きません。しかし、痛みややけどの心配なく脂肪を素早く減らすことができるというメリットが魅力です。

ハイパーナイフは身体の代謝を上げ脂肪を燃焼させることができます。キーンという音も発生しないため、音が気になる方にはおすすめです。しかし、体内に手術などで金属物質がある方や妊娠をしている方などは施術が受けられません。どちらのマシン技術を施術するかはエステティシャンと相談して身体に負担のかからない方を選びましょう。

(3)できるだけ低コストでダイエットしたい方

この場合はキャビテーションや脂肪冷却をおすすめします。

現在のところ、キャビテーションが8,000円程度で脂肪冷却が10,000円程度なので、最新のマシーンによる施術としては割と低料金です。

(4)とにかく即効性を求める方

この場合は、HIFUや光痩身をおすすめします。

それは、実際に施術を受けた方の口コミや体験の写真を見ると、多くの方が2~3回の施術で大きな効果を実感されていることがわかるからです。

しかしながら、料金の方も決して安くはなく、HIFU・光痩身ともに30,000円程度のエステサロンが多いようです。

ただ、これはあくまで通常の料金であり、エステサロンによっては格安のお試し体験コースを設定している場合もありますので、こまめに情報を確認するとよいでしょう。

まとめ

最新の痩身エステについて色々と紹介してきましたが、その原理は、いずれも脂肪細胞を細胞として機能させないようにするというものでした。

そして、代謝を上げてダイエット効果を最大化するため、マッサージがセットになっていることが多いということもわかりました。

今後は健康医学の進歩が一層進み、脂肪を液化するだけではなく、分解する技術が登場してくることも予測されます。
よい情報を逃さないためにも、ネット等のチェックは欠かせないように思います。

  • おすすめエステ体験ランキングを見る
  • 痩身エステ体験レポートを見る